Topics: VI INTERNATIONAL CONGRESS IFUNA

平泉
10月25 - 28, 2012

抄録集

ブラウザにSafariをご使用下さい。
OFMeC ウェブサイトhttp://www.oralfunction.org を開きIFUNA2012Proceedingsのボタンをクリックし、PDFかiBooksを選択して下さい。iBooksはiPadでのみ動作します。iPhone版iBooksでiBooksファイルは開きません。
抄録集 [pdf形式]
抄録集 [ibooks形式]

大会長メッセージ: 東洋と西洋が融合する機能療法

筋の機能力を利用する機能療法は、「全身を見て治療を行う」という東洋医学の発想と似ている。器械的な歯の移動や排列の手法をとる治療法とは異なり、主にヨーロッパでは生物学的な歯の整形学に理念をおいてきた。とくに成長発育期において咀嚼や嚥下、発音、呼吸の機能の発達と成熟を促し、早期の介入によって不正咬合の発生を予防したり不正咬合の程度を軽減したりする。

機能的療法は、口腔周囲だけでなく顔面や脳活動にも影響を与えることから、患者の自信や自尊心、満足度を高めるといった心理的作用についても興味深い研究成果がでている。機能的療法の作用メカニズムや治療効果は、身体的かつ社会的に幸福であるという精神的な状態によって大きく影響されることが明らかにされつつあり、全体論的に研究する必要性がある。

2012年の第6回大会開催地である平泉は、12世紀平安時代末期に奥州藤原氏が一世紀にわたり治めた北方の国際都市で、中国(北宋)やロシア(沿海州)と貿易を行い独自に発展を遂げてきた。イタリアの商人であるマルコポーロは、平泉を「黄金の国ジパング」と自身の著『東方見聞録』で記している。一説によると、アメリカ大陸を発見したコロンブスも「黄金の国」を探し求めて旅に出たといわれている。

当大会は「東洋と西洋が融合する機能療法」をテーマに、矯正歯科治療の機能的側面を研究するとともに、それらの情報を共有するため、国際的なネットワークを構築し、矯正歯科医や顎顔面領域の治療に関わる人々との交流をはかる。一方でこれは、2011年度に世界文化遺産に登録された平泉の国際化に向けても大きな意義をもつ。

本会議は、海外からわが国の主要観光地としてまだ知られていない美しい小さな町平泉の文化遺産を海外にアピールする絶好の機会となります。どうぞ素晴らしい紅葉の季節をお楽しみください。

最後に、アジア初として日本でIFUNA大会を開催するにあたり、会長のゴボーノス先生をはじめIFUNAのResearch and Development Committeeの先生方に心から感謝申し上げたい。多くの皆様の参加をお待ちしております。

Toshihiko Himuro
氷室 利彦
第6回国際会議IFUNA平泉大会大会長

会期

会場

公式プログラム

第1日 10月25日 (木)
16:00~ 祝賀セレモニー: 平泉文化遺産センター (要招待)
18:30~ 歓迎レセプション『ASOパーティー』: ホテル武蔵坊 参加費 ¥5,000
Precongress Course: 9:00~16:00 (講師: Dr. Marie Deshayes、Dr. Wilson ARAGÃO)
第2日 10月26日 (金)
終日講演・学術展示・商社展示: 一関文化センター 19:30~ ソシアルパーティー (懇親会): ベリーノホテル一関 参加費 ¥8,000
第3日 10月27日 (土)
終日講演・学術展示・商社展示: 一関文化センター 19:30~ フェアウェルパーティー: 蔵元レストラン 世嬉の一 参加費 ¥5,000
第4日 10月28日 (日)
9:00~ 講演・学術展示・商社展示・閉会式 (12時15分ころ終了予定)
Postcongress Course: 13:00~19:00 (講師: Prof. Brian PRESTON、Prof. Jose DURAN)

特別講演

三浦不二夫 (東京医科歯科大学名誉教授)
My lifework ”Research for Stomato-Gnathic function”
我がライフワーク"顎口腔機能の研究"

招待講演

8月5日現在、日本を含む12の国と地域30名の方が特別講演者、招待講演者として決定しております

Argentine

Graciela LORENZ (Professor, the Race of Orthodontic and Functional Orthopedic University of Morón, and Nacional University of Cuyo)
In early ages: treatment of basals and functions
幼児期: 根本的・機能的治療

Australia

John FLUTTER (Dental Surgeon Brisbane, Queensland)
Myofunctional influences on facial growth and the dentition
顔面の成長と歯列に対する筋機能の影響
Roger PRICE (Consultant Respiratory Physiologist)
Providing Posture and Breathing Support in dysfunctional dental, orthodontic and sleep conditions.
歯科学的および歯科矯正学的、睡眠の状態の機能不全における姿勢 と呼吸支援の提供

Brazil

Wilson ARAGÃO (Specialist in Orofacial Pain)
Treatment of migraines and headaches with a functional appliance (AFR) 機能的装置(AFR)による偏頭痛と頭痛の治療

Canada

Billy WILTSHIRE (Professor and Head of Orthodontics and Graduate Program, Director at the University of Manitoba)
Comparing treatment length and outcomes of growth modification and orthognathic surgery in severe Class II malocclusions
著しいII級不正咬合における成長修正と顎矯正外科手術間での治療期間と治療成果の比較

France

Marie DESHAYES (International Telecrane Club, Caen)
The evolution of the human cranial base and its effect on facial growth in lacteal dentition
ヒト頭蓋底の進化と乳歯列期顔面成長への影響

Germany

Barbara BIMLER (Permanent Visiting Professor University of Havana Medical School, Cuba)
The nose breathing ratio after the Bimler treatment
Bimlerによる治療後の鼻呼吸の割合

Israel

Michael GORBONOS (President of IFUNA)
Guiding international consensus
国際的合意をめざして

Italy

Cesare Lorenzo DEBERNARDI (Professor and Chair of Orthodontic Department, University of Turin)
Behavior of the periodontal unit to the application of different orthodontic forces
異なる矯正力負荷に対する歯周組織の反応
Andrea DEREGIBUS (Professor of Clinical Gnathology University of Turin Dental School)
Posterior cross bite and craniomandibular disorders: the importance of an early correction
臼歯部反対咬合と顎関節症:早期改善の重要性
Franco MAGNI (Adjunct Professor, Department of Orthodontics, School of Dental Medicine, Case Western Reserve University (CWRU), Cleveland, Ohio (USA) and Visiting Professor of Orthodontics, School of Dentistry, Faculty of Medicine, University of Parma, Parma)
What I like doing and what I don't in my ortho practice
矯正歯科臨床で私が好むこと好まないこと
Stefano MONTAGNA (Specialist in Orthodontics, Parma)
To prepare, accompany and maintain: three functional steps in fixed orthodontic treatment
固定式矯正歯科治療時の三つの機能的処置:準備のため、進行させるため、維持するため

Japan

有田信一 (ありた小児矯正歯科)
Early stage approach from one-year-old
1歳からの咬合育成(乳歯列反対咬合とスペースコントロールへの育児支援として対応)
濱田充彦 (夙川グリーンタウン矯正歯科クリニック)
顔面筋群や口腔内感覚の機能障害症例について
氷室利彦 (Oral Function Mesh Collaboration 会長)
The orthodontic patient's choice in the age of social media
ソーシャルメディア時代の矯正歯科患者の選択
伊藤率紀 (メキシコ州立自治大学)
Bimler の歯列拡大効果―6 歳と 8 歳児の比較―
菊池 哲 (コスモス矯正歯科医院)
Waking up to Using Sleep Study in Orthodontic Diagnosis
睡眠検査は矯正診断には必要不可欠である。
北總征男 (北總矯正歯科医院)
Anterior guidance of the mandible with Biobloc appliance
Biobloc 治療と下顎の前方誘導
金 俊熙 (きむ矯正歯科クリニック)
New Concept of Oral Myofuncthional Therapy using of Biting Type Activator (FKO) with Expansion screw
ネジ付き噛み締め型アクチベータ(FKO)を用いた新たな口腔筋機能療法の考え
中村芳樹 (鶴見大学歯学部歯科矯正学講座教授)
後頭蓋底の成長と下顎骨の位置関係および顎機能装置の効果との関連性
里見 優 (さとみ矯正歯科)
Treatment of low tongue
低位舌の改善法
鈴木善雄 (朝日大学歯学部客員教授)
New Orthpedic Positioner を用いた上顎前突症の第一期治療
田井 規能 (アリゾナATS大学 矯正歯科客員准教授)
The treatment efficacy of functional appliance evaluated by multimodality medical image
機能的顎矯正装置の治療効果のマルチモダリティによる評価
山口秀晴 (日本口腔筋機能療法研究会会長)
口腔機能異常と不正咬合との関係 -医学的エビデンスを求めて-
山﨑要一 (鹿児島大学大学院医歯学総合研究科小児歯科学分野教授)
Early treatment of malocclusion and stomatognathic function in primary and early mixed dentition cases
乳歯列期・混合歯列初期の咬合異常症例の早期治療と顎口腔機能

Spain

José DURÁN von ARX (Head and Chair, Department of Orthodontics University of Barcelona)
Stimulotherapy in orthodontics
矯正歯科における刺激療法

Taiwan

Ming-Jeaun SU (Former president of Taiwan Association of Orthodontist, Clinical professor of Taipei Medical University, President of Dr. Su’s Orthodontic Clinic)
Treatment of Angle Class II malocclusion with Removable Functional Appliance
可撤式機能的矯正装置によるアングルII級不正咬合治療

USA

David ARNOLD (American Academy of Gnatologic Orthopedics)
The Crozat Appliance: Function, Airway and Growth
クロザットの装置:機能、気道そして成長
Sandra COULSON (Orofacial Myologist)
Is orofacial myology a viable adjunct to other functional modalities?
口腔顔面筋学はもう一方の機能的療法への実行可能な補助か?
Brian PRESTON (Professor and Chair, Department of Orthodontics, State University of NY at Buffalo)
What, if any, are the rules in orthodontics?
歯科矯正学のルールとは、もしあるとするなら、何か?

講演(各30分)

プリコングレスコース 10月25日(Thu)

ポストコングレスコース 10月28日(Sun)

演題募集 9月14日まで延長いたしました

機能的療法に関する一般演題を以下の通り募集いたします。

記載事項

1. タイトル
2. 演者名
3. 所属
4. 都市名, 国名
5. 抄録 250 words 以内
6. 演題種別 学生口演, ポスター
演題送付先: 嶋 浩人宛 wave@spacelan.ne.jp

参加登録 / 宿泊

JTB アマリス
(株)JTBビジネスネットワーク JTB東北ECデスク
TEL: 0120-989-960, FAX: 03-5396-8145
E-mail: sendai-ec2@jbn.jtb.jp
営業時間: 9:30-17:30 (土,日,祝祭日は休業)
9月14日までに延期しました 9月15日以降は当日登録扱いとなります
歯科医師・医師・歯科技工士 35,000円 40,000円
歯科衛生士・歯科助手・機能療法士・大学院生・学生 15,000円 18,000円

委員会